医者

耳鳴りの長期化は生活に支障が出る前に耳鼻科で診察を

快適な生活のための機器

耳

高齢化が進んでいる日本の中の約15%が難聴と言われています。その中の約半数の人が、難聴という自覚症状がないまま普段の生活を送っています。その様な日常生活の不都合を改善するためにも、補聴器が役に立っています。補聴器を利用することでコミュニケーションがスムーズになり、生活に自信を取り戻すことで積極的に活動することができるようになります。補聴器は雑音やハウリングなどといった不愉快な音がするイメージがありますが、以前に比べ機能が改善されて快適に利用できるようになっています。音も聞き取りやすく、誰でも日常的に簡単に利用できるようになっています。便利で目立ちにくいタイプのものも開発販売されて、多くの人が利用しています。

補聴器は難聴の人にとっては大変便利な機器です。補聴器には生活スタイルに合わせて様々なものを選ぶことができます。耳穴タイプはとても小さくて、利用している事を他人に気付かれにくいというメリットがあります。自然な聞こえ方がメリットですが、とても小さいので紛失しないように気をつける必要があります。耳掛けタイプは電池の寿命が長く、高齢の方でも扱いやすいです。ボリュームの音量も操作可能です。電池の交換もしやすいと言った特徴があり、多くの人に利用されています。ポケットタイプはハウリングが少なく、値段も他のものに比べて安いものが多いです。いずれも利用する際には、事前に耳鼻科専門の医者に難聴の度合いを診断してもらい、安心のおける店舗を選んで購入する事が重要です。