医師と患者

耳鳴りの長期化は生活に支障が出る前に耳鼻科で診察を

原因と治し方

ウーマン

耳鳴りはどんな人であれ経験するものですが、酷いものになると社会生活に支障が出ることもあります。では耳鳴りはどのようなメカニズムで発生するのでしょうか。まず耳鳴りには大きくわけて2つ存在します。まず1つ目は自覚的耳鳴りと呼ばれるもので、自分にしか聞こえないものを言います。2つ目は自分だけでなく他の人にも聞こえる他覚的耳鳴りです。後者の場合は外的要因によるので一概には言えませんが、前者は耳に問題がある場合やストレスなどの影響が考えられます。例えば、肩こりによる血の流れの悪化や、飛行機などによる気圧変化などが原因となります。一時的に症状が発生することはよくあることなので心配する必要はありませんが、長期間に渡り症状が確認できる場合には病院での検査が必要です。

耳鳴りが発生することは珍しいことではなく、それほど心配する必要はありません。しかし長期間耳鳴りが続く場合は病院で検査を受ける必要があります。検査を受けず放置していると治療が困難になることもあるので出来る限り早く受診するようにしましょう。目安としては2週間耳鳴りが続く場合は病院で検査を受けることが望ましいです。また耳鳴りの治療は詳しい問診から原因を突き止め、内服薬や筋肉注射などを行います。もし効果が見られない場合には鼓膜へのステロイド剤注入を行うことが多いです。耳鳴りと言うと日常的に起こりうることであり、それほど危険視する必要はありませんが、症状が長引く場合には何かしらの病気も考えられるため出来る限り早く病院に行くようにしましょう。

医師と専門家に相談

聴力が弱ってきたと感じれば、まずは耳鼻科で診察を受けましょう。そこで必要と判断されれば、補聴器を購入します。耳鼻科では売られていないので、専門店などで購入します。選び方として、認定技能者に相談するとよいでしょう。

快適な生活のための機器

日本は高齢化が進み難聴に悩まされている人が増加しています。難聴による生活上の問題を解消させるため、補聴器をする人が増えています。補聴器はたくさんの種類から選ぶことが可能で、耳鼻科で正確に診断後に専門の店舗で購入可能です。

悩みがクリアになります

新宿の耳鼻咽喉科では、歯ぎしりで悩んでいる人やいびきで悩んでいる人の治療法を行っている病院が多いです。レーザーの治療や、テープを張って治す治療など幅広く治療方法がありますので、その人に合った治療法で症状を治しましょう。